令和元年度
千葉県公立高等学校テニス選手権大会
1 開催日  令和元年7月25日(木)〜27日(土) 
2 会 場  フクダ電子ヒルスコート
3 仮ドロー 7月7日(日)以降こちらのページでお知らせします。
4 強化試合 本大会の上位チームに8月12日(月),13日(火)に白子町で行われる5ポイントの団体戦である「関東公立高等学校テニス大会」への出場権を与えます。なお,
11日から宿泊(2泊3日)になりますので,ご予定ください。詳細は「強化試合」からご覧ください
今年度の申し込みは終了しました  
大会要項 申込みフォーム
申込みに際しての注意事項
※※オーダー用紙は配布しません。ご持参ください※※
男子組合せ 女子組合せ 
    ※リドローしました。   
男子メンバー表 女子メンバー表
  <組合せについて>
1 スタッフ全員で、チームの総合力から判断してシードを決めます。
2 シード順位が決められない場合は、該当校で抽選をします。
3 シード決定後は、すべてフリー抽選です。
 
オーダー用紙 メンバー変更届
Order of Play
<諸注意>
1 運営スタッフが少ないので,試合進行にご協力ください。
2 会場は以下のとおりとなります。
  フクダ電子ヒルスコート(開門は8時30分予定)
  引率のかたへ:フクダ電子ヒルスは、開門時間前に駐車場入り口に並ばれますと渋滞を引き起こしますので,ご注意ください。
3 メンバー変更を4人までとします。受付時に「メンバー変更届」をご提出ください。
4 オーダー用紙は,対戦数分ご持参ください。5ポイント用は本部で用意します。
5 服装は「全国高体連テニス部服装規定」にしたがいます。スクールジャージ等では出場出来ません。(V 校名プリントについては除く)
結 果
男子団体 女子団体
   八千代高校(2年連続5回目) 八千代高校(3年連続9回目)   
 昨年度も最終日を順延したことに続き、今年も台風6号の影響が心配された大会であった。最終日の朝は非常に強い雨が降っていたが、試合開始の30分前にほぼ雨も上がり予定通り試合が始まった。
 女子決勝は第1シードの八千代と第2シードの松戸国際との対戦。5ポイントともほぼ同時に始まったが八千代シングルスNo.2、No.3が先勝し王手をかけた。しかし、上位選手を集めた松戸国際のダブルスNo.1が取り返して2−1。エース対決のNo.1は春の大会で勝利した松戸国際が有利かと思われたが八千代がとり3−1で3年連続の優勝を決めた。なお、3位決定戦は同地区対決をノーシードから勝ち上がった検見川が大接戦を制して市立稲毛に勝利した。
 女子に続きおこなわれた男子決勝は第1シード八千代と第2シード幕張総合との戦い。八千代シングルスNo.3が圧勝し先勝するも、ダブルスNo.2では幕張総合が圧勝。シングルスNo.2は幕張総合が勝利し優勝まであと一歩とするが、エース対決を八千代が制してイーブンに。勝敗がかかったダブルスNo.1は大接戦の末、八千代が75で勝利し2年連続の優勝を決めた。そして、3位決定戦は市立柏がシードどおり長生に圧勝して大会を締めくくった。
  強化試合   
第8回関東公立高等学校テニス選手権大会のページ
PPRテニストーナメント
組合せ OP
       
結 果