平成30年度

千葉県高等学校新人テニス大会
■団体戦 大会日程
10/6(土)茂原-白子車庫行のバス、茂原駅東口(7:30、8:00)が増便されております。ご利用ください。
●10月6日(土)男女団体(ベスト8迄) 会場予定 
 9:00迄 集合 ・ エントリー 白子会場案内図 
 9:10迄 メンバー変更届提出 白子会場宿泊要項
 9:10から 監督会議 白子会場での宿泊を希望する学校は、9月30日(日)午後12:00必着
 9:20迄 オーダー提出 申込書を『サニーインむかい』まで直接FAXお願いします。
 9:40 競技開始  
 練習コートについては各会場で異なります。 白子会場の配宿について
       『練習コート』  
※練習コートには必ず顧問が立ち会うこと。 10月2日(火)夕方までに配宿先がFAXされる予定です。
※練習コートは割り当てられた学校で競技ができるように  
 準備すること。  
   
 
   
●10月7日(日)男女団体(ベスト8〜決勝) 県総合スポーツセンター(16面)
 7:10    開門 ※練習コートについて(顧問立合)
1日目を勝ち上がった16チーム各1面
(7:30〜8:30)
練習コートは割り当てられた学校で競技が
できるように準備してください。
 8:30迄   集合 ・ エントリー
 8:40迄  オーダー提出
 9:00    競技開始
※団体戦予備日:10月8日(月) 会場:未定
 
■個人戦 大会日程  
●11月2日(金)男女シングルス(決勝まで)  フクダ電子ヒルステニスコート(20面)
 8:00 開門 ※11/2が悪天候により延期になった場合は
 9:00迄 集合 ・ エントリー  11/4がシングルス、予備日11/5がダブルス
 9:00から 審判諸注意  となります。
 9:15 競技開始
●11月4日(日)男女ダブルス(決勝まで) フクダ電子ヒルステニスコート(20面)
 8:00 開門  
 9:00迄 集合 ・ エントリー  
 9:15 競技開始  
※個人戦予備日:11月5日(月) 会場:未定
   
■練習コートについて 個人戦は練習コートなし
   
選手諸注意PDF  審判必携PDF(選手は必ずお読みください。)
 
諸注意

●県総合SCの開場時間は 7:10 を予定しています。
●フクダ電子ヒルスの駐車場開門時間は 8:00 を予定しています。
  開扉まで階段下で待って下さい。開場時に門扉に殺到すること無いようにご協力下さい。

●県総合SC内は駐停車禁止ですので、乗降りは必ず駐車場にてお願いします。
●電車・バスに乗車の際は,小銭等を用意し,荷物等他の乗客の迷惑にならぬようにしてください。
●各会場でボールを使った練習は厳禁です。
●県総合SCで、終了後のミーティング等は通路外,もしくは会場の外のスペースでお願いします。
●県総合SCのゴミはすべて入り口付近にあるコンテナに入れて会場の美化にご協力下さい。
●荒天時等は携帯版HPで,各日 6:10 以降にご確認下さい。

   
男子団体結果 PDF 女子団体結果 PDF
 

ドロー番号1〜32: 県スポーツセンター
ドロー番号33〜64: 白子サニーコート他

ドロー番号1〜24: 白子サニーコート他
ドロー番号25〜64: フクダ電子ヒルス

 
  男子団体詳細 PDF 女子団体詳細 PDF  
   
 

 今年の新人戦決勝戦は、安定した試合運びで勝ち進んできた第1シードの東京学館浦安高校と準決勝で第2シードを破って勢いに乗る第3シードの秀明八千代高校の試合となった。風が強い中始まったこの試合、まず目を引いたのは、東京学館浦安高校D2の渡辺(莞)・松野組だった。夏のインターハイにも出場した1年生ペアは勢いのあるストロークや攻撃的な平行陣で一気に30とする。シングルスが均衡する試合をする中、続けてD1も東京学館浦安の末尾・飯村組が危なげない試合展開で30とリードを広げる。その後もダブルスは崩れることなくD1、D2ともに61で東京学館浦安が勝利した。一方でS1は東京学館浦安の村松選手がブレイクに成功すると、秀名八千代の三角選手がブレイクをし返すという緊迫した試合が続く。S2は東京学館浦安の渡辺(雄)選手、秀名八千代の鈴木選手が激しい打ち合いを見せるなか、1つのブレイクをきっかけに渡辺(雄)選手が流れを引き寄せる。最後は52とリードを広げて迎えた渡辺(雄)選手のサービスゲームを危なげなくキープし、62で勝利する。この試合に勝利したことで30で東京学館浦安高校が優勝を決め、昨年度のリベンジを果たした。

 団体戦二日目は季節外れの暑さの中行われた。
決勝戦まで駒を進めたのは第一シードの東京学館船橋高等学校と第三シードの麗澤高等学校。 最初に勝利を挙げたのはダブルス2の 武藤・湯浅組(麗澤)。鮮やかなサイド抜きやボレーでポイントを重ね、61で勝利しチームに勢いをつけたかに思われた。しかしシングルス1では序盤こそリードを許したものの、圧倒的な強さで学館船橋が62で勝負を振り出しに戻した。その後は互いにテンポが合わず苦戦していたが徐々に調子を取り戻したシングルス2、強気なストロークでチャンスを作ったダブルス1で学館船橋が勝利を収め、悲願の新人戦団体初優勝となった。

 
  男子メンバー表 PDF 女子メンバー表 PDF  

※オーダー用紙、メンバー変更は各校で印刷してお持ちください。

オーダー用紙(5P用) PDF オーダー用紙 Excel excel
メンバー変更 PDF メンバー変更 Excel excel
※会場校運営の先生方は5P用のスコアカードを印刷して準備してください。
スコアカード(5P用) PDF スコアカード Excel excel
男子シングルス PDF 女子シングルス PDF

 

 

 

 

男子ダブルス PDF 女子ダブルス PDF